ツーショットチャットからオフパコに持ち込み率がセリーグ首位打者打率並みにある私の体験談を語ろう。いいか?尻の穴をかっぽじってよく聞けよ。 ツーショットチャットなんて過去の遺物でしょ?などとヌかす連中どもは、どうせSNSやマッチングアプリでも出会えていないだろう?そんな有象無象が集まるツールを利用するなんて、いたずらに打率を下げるだけなことになぜ気づかない? サイトも利用者も格段に減ったが、ツーショットチャットユーザーは確実に存在する。何よりも実入りの少なくなった業者やサクラもまた流行のツールに乗り換えたことが大きい。つまり、ツーショットチャットは今は利用者が厳選された健全なツールと化しているのだ。 確かにスマホをピッとタップするだけでマッチングされるのは楽だ。しかし、楽と言うだけだ。わざわざログインしてPCのキーボードをカタカタ打つツーショットチャットは時代に乗り遅れている。しかし、だからこそ、本当に慌ただしいスマホアプリよりも、のんびりしたツーショットチャット好きが今でも生き残っているのだ。そして、それは出会えるチャンスでもある。 エロチャット 実際にツーショットチャットにこだわり続けて20年の私も、出会えたのは2度や3度どころではない。ツーショットチャットで会話が弾み、数回チャット逢瀬を繰り広げればもう出会えたも同然だ。まあさすがにイスラエルの女の子とのオフパコは無理だったが、日本国内ならば旅費さえ惜しまなければ案外とどうとでもなる。 だから、私のようなツーショットチャットにこだわり続けた人間が、今や勝ち組と化しているのだ。こんな事を書いてツーショットチャットに人が集まってきても、私は何ら心配はしていない。なぜならば、スピーディーなスマホに乗り換えた連中が、ツーショットチャットのなだらかな空気に耐えられるわけがないと思っているからだ。 つまり、一度信じた道を違えてはいけないのである。20年間、毎晩のようにツーショットチャットサイトに居座り、スマホに見向きもしなかった私だから得られた特権だと思っている。ツーショットチャットに人生をつぎ込み過ぎて未だに結婚もできず仕事もリストラされた私だから、それくらいの見返りはあってもいいと思うのだ。 女性のオナニー 無修正オナニー
書き込みはまだありません。